車の個人売買で最も多いトラブルとは?トラブル事例

個人売買には危険がいっぱい!注意して良い売買にしましょう!

いつまで経っても名義変更してくれない!

車の個人売買に関連したトラブルは、少なくありません。

最近ではネットオークションを利用して、身元の分からない他人と取り引きをする場合もあります。
そんなとき、ちゃんと契約書などを交わしておかないと、どうなるでしょうか?

また一方で、知人だからといって油断するのも危険です。
口約束で取り引きして、とんでもない目に遭った!という事例もあります。

「車を売ったのに、代金を支払ってもらえない」なんてこと、信じられるでしょうか?
でも、実際に起こったことなのです。それどころか、こんなことをたくさんの人たちが経験しているのです。

「名義を変更してくれない」という人もいます。
車の名義人には、車にまつわる様々な責任がつきまといます。
車検や納税の義務です!
購入した人が名義人になってくれないということは、モノだけ利用して、義務を果たさないということです。
そんなことがまかり通っていいのでしょうか?
しかし、実際に名義変更してくれない人たちがたくさんいるのです。

「購入した車の現物が、事前に聞いていたものと違う」というショッキングな事態に遭遇した人もいます。
事故の跡が残っている、走ってみたら故障が見つかった、などなど。
返品したくても、売り手が承知してくれない、となると、これは悲惨です。

個人売買に付いて回るこのようなトラブルの数々、どれも他人事ではありません。
あなたも気を付けないと、こんなトラブルに見舞われてしまうかもしれないのです。
ここでは、こういったトラブルについて、実例を基に、詳しくご紹介し、どうすればそれらを回避できるのか、考えてみましょう。

こんなことなら、売らなきゃよかった!買わなきゃよかった!

「知人に車を売りました。代金ももらっていて、後は名義変更だけです。しかし、知人は忙しく、なかなか名義変更してくれません。ずっと自動車税の請求がこちらに来ているんだけど…」買い手に名義変更してもらえない売り手は少なくありません。どうすればこんなトラブルを防げるのでしょう?

代金を払ってもらってないのに…

「知人に車を売りました。はじめ、20回の分割払いで3回まで支払ってもらっていましたが、金銭的な余裕が無く、支払いを待ってほしいと言われました。その後、ずっと支払ってくれていません。でも車には乗られている…」どうすればこんな嫌な思いをせずに済むのでしょうか?

聞いてたのと違う!お金返して!

「車は中古だけど、何の問題も無いと聞いてました。車の代金も支払い、名義変更も滞りなく済みました。そうして、現物が届いたので見てみたら、なんと事故の跡が!聞いてたのと違うじゃないか、お金返してよ!」こんなトラブル、どう回避したらいいんでしょう?

ページTOPへ