個人売買には危険がいっぱい!注意して良い売買にしましょう!

聞いてたのと違う!お金返して!

思ってたのと違う!

知り合いから中古の車を買った!
中古でも、故障やおかしなところは全然無いらしい。
到着した現物を見てみると…なんと車体の前の部分にへこみが!
走るのには問題ないかもしれないけれど、何か釈然としない…。

購入の際、何の問題も無い車と聞いていたのに、車体や機能に異常がある、という事態もまた、珍しいことではないようです。
買い手は、半ば騙されるような形になってしまいます。
修理に出そうとしたら、売り手に口を出されたり、二次的な苦痛を味わう可能性も…。

また、買い手の被害には、代金を支払ったのに現物が手元に届かない、ということもありえます。

このような事態を回避するには、どのような策を講じる必要があるのでしょうか?
また、被害に遭ったとき、どう対処すればよいのでしょう?

個人売買にご注意!

ここでもやはり、言質を取ったり、現物をチェックしてから取引をするなど、注意を払うことが確実な道です。

法的手段に訴えるとすると、瑕疵(「かし」、傷のこと)を故意に秘匿したということで、瑕疵担保の責任や、債務不履行の責任に問うことができるようです。
代金返還、契約解除、場合によっては損害賠償の請求が可能です。

以上のように、車の個人売買は、知り合いどうしであるという油断、あるいは、売買に関して法的なことや正当な手続きを知らないどうしであるということから、行き違いが起きたり、変な気を起こしてしまったりします。
または、素人であると軽んじられることから、詐欺に遭うということもありえます。

そのため、個人売買には手を出すな、ということを言う言説もあります。
しかし、きちんとした手続きを踏み、注意を払っていれば、店頭で中古車を買うよりも、安くて快い売り買いができる可能性だってあるはずなのです。


Share!
B!

ページTOPへ